FC2ブログ

VINTAGE FOOTBALL SHIRTS COLLECTION~サッカーユニフォームアーカイブ~

Chelsea 06-07 3rd

2021.03.13.Sat.21:00
CHELSEA 06-07 3rd

CHELSEA 06-07 3rd
【TEAM】 Chelsea (チェルシー)
【SEASON】 2006-2007
【MODEL】 3rd
【MARKING】 #10 J.COLE (official)
【OPTION】 PREMIER LEAGUE CHAMPIONS PATCH
【MANUFACTURE】 adidas
【SIZE】 Import L
【COUNTRY OF ORIGIN】 CHINA
【TYPE】 Authentic
【CONDITION】 Brand-new with paper tag

【COUNTRY】 England / Premier League 
【RECORD】 League 2位 / CL Best 4
【SPONSOR】 SAMSUNG mobile
【PLAYER】 Joseph John Cole (England / MF)

【DEVIEW】
[DESIGN]    6 ★★★★★☆☆☆
[VALUE]    6 ★★★★★☆☆☆
[JUDGMENT] 6 ★★★★★☆☆☆

当時のadidasのユニの中ではテンプレートのデザインが秀逸な部類と言えますね。また、黒をベースにした細目のストライプ柄やユニのカラーデザインに合わせたモノトーンなクラブエンブレムもクールでカッコイイです。マーキングは今回リーグ仕様にしましたが、ユニのデザインと合わせるならCL仕様の方がよかったのかな。デザインがよかったので奮発して選手仕様にしてみました。マーキングは、元イングランド代表の高速ドリブラー ジョー・コール選手です。テクニック抜群の選手でしたが、怪我が多かったですね。

ドログバ
スポンサーサイト



Chelsea 10-11 Away

2017.07.28.Fri.21:00
10/11 CHELSEA (A)

10/11 CHELSEA (A)
【TEAM】 Chelsea (チェルシー)
【SEASON】 2010-2011
【MODEL】 Away
【MARKING】
【OPTION】
【MANUFACTURE】 adidas
【SIZE】 Import L
【COUNTRY OF ORIGIN】 CHINA
【TYPE】 Replica
【CONDITION】 Brand-new

【COUNTRY】 England / Premier League
【RECORD】 League 2位 / CL ベスト8
【SPONSOR】 SAMSUNG
【PLAYER】

【REVIEW】
[DESIGN]     6 ★★★★★★☆☆☆☆
[VALUE]    2 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
[JUDGMENT] 4 ★★★★☆☆☆☆☆☆

日本人には不思議と馴染みやすい、別称『ジャイアンツ・ユニ』
まるで日本の野球チーム・読売ジャイアンツ(巨人)を彷彿させるようなデザイン。そして、豊富な資金力でお金に物を言わせてスター選手を買いあさるクラブ体質はまさに読売ジャイアンツそのもの。こういったクラブチームは個人的に好きじゃないし応援もしたくないですね。さらには、胸スポンサーが韓国企業の『SAMSUNG』と好意的にとらえるところが少ないですが、ブラック×オレンジのカラーリングだけは割と好きです。

HAZARD

Chelsea 07-08 Away

2016.07.15.Fri.21:00
07/08 CHELSEA (A)

07/08 CHELSEA (A)
【TEAM】 Chelsea (チェルシー)
【SEASON】 2007-2008
【MODEL】 Away
【MARKING】
【OPTION】
【MANUFACTURE】 adidas
【SIZE】 Import L
【COUNTRY OF ORIGIN】 CHINA
【TYPE】 Replica
【CONDITION】 Brand-new with paper Tag

【COUNTRY】 England / Premier League
【RECORD】 League 2位 / CL 2位
【SPONSOR】 SAMSUNG mobile
【PLAYER】

【REVIEW】
[DESIGN]     2 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
[VALUE]    3 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
[JUDGMENT] 3 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

目立つこと間違いなしの斬新的カラーな蛍光ユニ
チェルシーのオーナーであるロシアの石油王アブラモヴィッチが昨年のバルサの蛍光ユニをみて一目ぼれし、アブラモヴィッチの鶴の一声でチェルシーのユニにも蛍光カラーが採用されました。しかし、クラブの格が違うのか、それともメーカーのセンスの違いなのか、あるいは胸スポンサーの品位の差なのか、よくわかりませんが、とにかくバルサの蛍光ユニと比べると雲泥の差がありますね

ランパード
 | HOME | Next »